スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【--:--】

[特集}電車中的小故事

2005.08.25
白菜菜:是以前live的時候從guest那裏聽説的,maruru坐在那位客人的眼前,說看到了睡覺的樣子
馬鹿鹿:太不好意思了(上海話版本:實在太攤台了)
白菜菜:好像那個人也覺得很害羞,不過因爲,maruru先從電車上下來了,然後那個guest就坐在maru坐過的地方,感到maru的溫度哦(笑)[插花:這個故事的看點在那裏???完全麽看點]
一同:(爆笑)
[插花:我覺得一點也不好笑= =覺得好笑的人舉手]
スポンサーサイト
<<恭喜你們哦 | ホーム | 個趟那能辦啊 抓狂ing>>
コメント
阿月月我们便是如此的钝感加冷感啊- -
【2005/08/25 10:42】 URL | kanaae #-
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://aoizuki.blog17.fc2.com/tb.php/138-c8a894fa
| ホーム |
プロフィール
月月
  • 月月
  • 趣味:睡覺,visual kei,映畫欣賞。
    自分描述:懶惰,食物抵抗能力zero,人生上上主義。bis至上主義。
過去ログ
最近のコメント
管理・RSS

無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。